オランダ生活 Mimi`s Nikki

家事育児大好きなオランダ人夫との子育て

④【1歳の娘と】イギリスのヨークへ年末子連れ旅行 オランダからイギリスへフェリーで/ ヨーク鉄道博物館

③からの続きです。

mimiokaasan.hatenablog.com

 

入場料無料、寄付金大歓迎な鉄道博物館

ヨーク鉄道博物館に到着しました。

受付を通ると、館内のパンフレットを渡された。入場料はなし。寄付金を入れる箱がその受付や、館内にあります。(5ポンドの寄付金を〜、の様なポスターが貼ってある)私たちはお財布の中にちょうどあった6ポンドのコインを寄付箱に。

 

そしてコインロッカーに向かった。普通サイズのロッカーと、大きいサイズのロッカーがあり。私たちは、大スーツケースがあるので、その大きいロッカーに入れました。確か4台しかなかったはず。私たちがスーツケース入れていたら、他の大きいロッカーもすぐ使用中になった。

普通サイズのロッカーは3ポンド、大きいロッカーは4ポンド(2018年12月)

f:id:mimiokaasan:20190105055823j:plain

この壁の裏にロッカーあり

 

大人も子供も楽しめるセンスの良い鉄道博物館

ずばり。鉄道の事、詳しくない私でも綺麗な色に塗装された列車や、豪華なインテリアの列車を見学してとても楽しめた。ごちゃごちゃしていないし、展示の仕方も上手。

娘をバギーから降ろし歩かせても、溝はないので危なっかしくはなかった。

娘は大はしゃぎで、ちょこちょこ歩きまわって散策。

 

f:id:mimiokaasan:20190109050755j:plain

 

f:id:mimiokaasan:20190109050831j:plain

f:id:mimiokaasan:20190109050854j:plain

f:id:mimiokaasan:20190109050914j:plain

郵便列車内

f:id:mimiokaasan:20190109050959j:plain

ヨーク鉄道博物館、ワクワク

f:id:mimiokaasan:20190109051106j:plain

 

オープンカフェがあり、どのスイーツも美味しそうだった。

お水は、セルフサービスであり。列車に囲まれながらゆったりと休憩タイム。

f:id:mimiokaasan:20190109052343j:plain

カフェで休憩

 

f:id:mimiokaasan:20190109052434j:plain

 

娘を思う存分遊ばせたキッズプレイエリア 

娘は広い展示エリアを走り回る。目を離さずに見ているのは本当に大変!そんなちょうど良い時に現れたのが、このキッズプレイエリア。5歳以下の子供が利用できる。

この横にちゃんとベビーカーを置く場所、そしてトイレ、(オムツ替えも可能)もある。今まで走り回っていた娘が、ここで足を止め、おもちゃの列車で集中して遊んでいた。パパ、ママにとっても小休憩になってよかった。

 

f:id:mimiokaasan:20190109052745j:plain

ヨーク鉄道博物館内のキッズプレイエリア

 

f:id:mimiokaasan:20190109053331j:plain

楽しく遊ぶ娘と夫

 

f:id:mimiokaasan:20190109053420j:plain

おもちゃの列車に釘付けな娘

f:id:mimiokaasan:20190109053522j:plain

ベビーカー置き場が、遊び場横にあり

f:id:mimiokaasan:20190109053608j:plain

 

f:id:mimiokaasan:20190109053707j:plain

ヨーク鉄道博物館で、新幹線!

f:id:mimiokaasan:20190109053741j:plain

新幹線内で、ムービーをみる。

f:id:mimiokaasan:20190109053828j:plain

Mallardにかかっている橋で娘は何往復したか。。。

f:id:mimiokaasan:20190109053945j:plain

f:id:mimiokaasan:20190109054041j:plain

f:id:mimiokaasan:20190109054119j:plain

レストラン(セルフ式)の食事も美味しかった

f:id:mimiokaasan:20190109054223j:plain

お土産屋さん



お土産やさんでは、ちょうどクリスマス後だったのでクリスマス用品がセールになっていた。他、おもちゃの列車やら、本やら鉄道がらみの物があふれていた。トーマスグッズもたくさんありました。

10時から15時半までヨーク鉄道博物館を楽しみました。娘はお昼寝もすることなく館内をたっぷりenjoyした様子。

 

Uberにてホテルへ移動

さて、ホテルに行きチェックインしましょう。大サイズのスーツケースとバギーがあるのでUberタクシーを利用し、今晩の宿Hilton(ヒルトン)へ向かいました。

(Hiltonはクリフォードタワー(clifford tower)の目の前に位置する。ヨーク市内の地図を見ると、Hilton はセントラムの南に位置する。鉄道博物館は北にある)

Uberで、旅先でもスイスイ移動。鉄道博物館からHilton までは4GBP。

 

チェックイン後、ヨークのセントラム内を散歩に外出。日没時間は早いので1時間もすれば真っ暗になる、ささっと暗くなる前のセントラムの雰囲気を見たかった。

 

次に続く