オランダ生活 Mimi`s Nikki

家事育児大好きなオランダ人夫との子育て

①【1歳の娘と】イギリスのヨークへ年末子連れ旅行 オランダからイギリスへフェリーで / 乗船まで

2018年、年末、家族3人でイギリスのヨークへ行ってきました。

ここ2、3年私がずっと気になっていたフェリーでの旅です。

1歳4ヶ月の娘がかなり歩き回り、更に小走するのでオランダからイギリスへの1時間のフライトもなんだか億劫になってしまい。フェリーなら個室だし、フェリー内も広いし娘もたくさん遊べるかなと思い。

 

P&O ferryの、オランダ、ロッテルダム(Rotterdam)とイギリス、ハル(Hull)路線を利用してイギリスの歴史の街・ヨークへレッツゴー!

 

車持ち込み無しのP&O ferry のミニクルーズプランを利用

今回は、夫の休みがあまりなかったのと、目的の街ヨークは小さいので、国立列車博物館とヨーク城壁ウォーキングには2日間あれば充分だろうと思い、このミニクルーズプランを選択。

それにミニクルーズプランなら、到着するHullの港からヨーク市内の往復高速バスも含まれている。(とても楽!)

 

RotterdamのP&O ferry 乗り場へ車で出発〜 駐車場

15:30 : 私の住むAmstelveenからRotterdamへ出発、車で1時間10分のドライブ。ナビ利用でフェリー乗り場まで難なく到着(約17:00)しました。

無料のLong parking (長期駐車場)がフェリー乗り場のすぐ手前にあるので、ここに駐車します。この駐車場からフェリーチェックインロビーまで歩いても2分ほど。目の前にフェリーが見えるので迷うこともない。

フェリーってもう、ワクワク感しかない!

 

f:id:mimiokaasan:20190102232643j:plain

P&O ferry

f:id:mimiokaasan:20190102233358j:plain

娘のおもちゃも忘れずに

船で2泊、ヨーク市内のホテルにて1泊なので、合計3泊の旅行。簡易バギーがあるので、両手が塞がらないように旅行スーツケースは大きいものを1つ。ここに家族3人分の物を。と言ってもほとんど娘の物ばかり!オムツからロンパースから、。。スーツケース内の片面娘のもの!

チェックインから乗船まで

オンライン予約時にメールで送られてきた予約確認書にある、予約番号が必要。特にEチケなどは無し。

カウンターで確認書を見せチケットを受け取った。

ちなみにスケジュールは、

17:00に乗船開始(車も、人も)

19:30がチェックイン最終(土日は19:00)

21:00 フェリー出発(土日は20:30)

 

チケットを受け取り、パスポートコントロールに進む。

f:id:mimiokaasan:20190102235648j:plain

チェックイン後、パスポートコントロールに向かう途中、待合ロビーとトイレ有り

f:id:mimiokaasan:20190102235858j:plain

冬だからか、人がほとんどいなかった

f:id:mimiokaasan:20190103000016j:plain

オムツ替えルームもあります

f:id:mimiokaasan:20190103000201j:plain

オムツ替えルーム内も清潔

f:id:mimiokaasan:20190103000256j:plain

授乳もできる


パスポートコントロールでは、全員分のパスポート、そして私のオランダIDカードも提示。(オランダ人でもパスポートを持ってきてくださいというSMSが事前に送られてきていた)
私は日本のパスポート所持者なので、パスポートにスタンプが押された。

Hoek van Holland Europoortからオランダ出国というスタンプ。なるほどねえ。

 

コントロールが終わり、すぐ後ろにエレベーターがあるので、それを使い上階へ移動。

ここまで、他の乗客を見なかった。ほとんどが車で行くのだろう&閑散期。

f:id:mimiokaasan:20190102235707j:plain

リフトはありがたい


どのスタッフもみんな 超がつくほど親切!なんなんだ、こんなに親切にサービスしてもらったの久しぶりなような。。

 

f:id:mimiokaasan:20190103001623j:plain

フェリー内に移動 ワクワク

 

 旅行には、大きなベビーカーではなく、このバギーを持っていった。ぶら下げたヨーグルトの容器には、娘のおもちゃを入れている(無くしてもいいおもちゃ)このヨーグルト容器は、砂場遊びなど大活躍でいつもキープしているもの。

 

乗船から私達の部屋(Cabin)まで P&O ferry

乗船した場所は8階だった。そこからリフトで私たちの部屋のある10階へ移動。

船員さんが所々立っていて、こちらから聞かずとも、彼らの方から部屋までの行き方を教えてくれる。(サービスかなり良い)

f:id:mimiokaasan:20190103002216j:plain

リフトでまずは私たちの部屋に移動

f:id:mimiokaasan:20190103002429j:plain

 

f:id:mimiokaasan:20190103002707j:plain

部屋数が多く迷いそうだが、所々、船員さんがいて丁寧に案内してくれた

f:id:mimiokaasan:20190103002841j:plain

キャビンに到着〜

ちなみに船内は英語での会話。オランダ語で話す船員はいなかった。みんなイギリスからの船員たちなのかな。

 

次の記事は部屋(キャビン)と船内の様子をご紹介します。

②につづく