No sugar in my coffee please

オランダ生活子育てブログ / 私よりも家事&育児をしてくれるオランダ人夫との子育て、そして猫たち

生後6ヶ月の娘とアムステルダムからバルセロナへ2泊3日の家族旅行   -3日目 サグラダファミリア -

最終日の3日目。

アムステルダムへ帰るフライトが15時発だったので、ゆったり午前にサグラダファミリアの観光を。

 

サグラダファミリアのチケットは事前にオンラインで

サグラダファミリアのチケットは事前にオンラインで購入して印刷して持っていました。購入時に日にちと入場時間枠が選べたので、朝9:15から9:30の間に入場を選びました。

大人1人15ユーロ。そして娘(0歳)分も予約しました。children under 11 years old、娘は無料です。(無料ですがオンラインでちゃんと手配しないといけません)

塔の上に行けるタイプのチケットなどありますが、さらっと観れるベーシックなチケットでいいかな、と。

 

家族写真を撮るのは困難。。

ホテルからサグラダファミリアへは徒歩にて5分ほど。

サグラダファミリアの前には観光客だらけ、そして途切れない人、人、人。

せっかくだし家族写真を撮りたいな、。。。と思い、座って休憩していた韓国人のおねえさんに写真をお願いしました。シャイな英語の話せないおねえさんでしたが、この方が、人の波を止めて何枚も写真を撮ってくれました!シャイだけど大胆にカメラの前を歩こうとする人たちをとめる!(最後の方、あ、もういいですと伝えましたが、それでもどんどん写真を撮ってくれて。)サグラダファミリアは大きいので、写真に収めるの難しく、ちゃんと収まってないですがとても良い家族写真になりました。

f:id:mimiokaasan:20180330030806j:plain

写真撮影してくれたおねえさん!ありがとう!

 

9:15から9:30の間の入場チケットを持っていたので、その列に並ぶとすぐ中に入れました。簡単な荷物中身チェックもありました。

中に入ると入場規制しているからか、そんなに混雑もしておらずゆったりと見学。

 

f:id:mimiokaasan:20180330032459j:plain



サグラダファミリアのオムツ替えルーム 

中を見学し終わって、娘のオムツ替えタイムです。トイレの案内に沿って歩くと、baby care room がありました。扉には鍵がかかっていて、私たちが扉をガチャガチャ触っていたら係員が鍵を開けてくれました。

朝早かったのでその日1番最初に私たちがそのbaby care roomを使用したんだと思います。綺麗だった!

f:id:mimiokaasan:20180330033614j:plain

サグラダファミリアのbaby care room 広くて快適!

 

サグラダファミリア横にある静かなカフェで朝ごはん


娘もスッキリご機嫌。それから朝ごはんを食べるためにサグラダファミリア横にあったカフェへ。静かで居心地よく、食事も安く美味しかったなあ。

娘にミルクをあげている間に、夫が食べ、それからバトンタッチで私が食事。じゃがいものスープは冷めても美味しかったので問題なし。

 

f:id:mimiokaasan:20180330034816j:plain

 

 食事後、またサグラダファミリア周辺を散歩してからホテルに戻り預けていた荷物を受け取り、空港バスに乗り空港へ向かいました。

 

f:id:mimiokaasan:20180331180644j:plain

目立つ水色の空港バス

 

帰りの飛行機内も満席。。娘は最初の15分くらいぐずって泣いてましたが、それからは寝てくれてオランダへ戻りました。怪我もなく、スリにあうこともなく、初家族旅は大成功!

次の旅行が楽しみだな。

 

f:id:mimiokaasan:20180331180831j:plain

バイバイ、バルセロナ。またねー